NEW
セミナー

e発明塾を活用した「開発テーマ創出」説明会

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
大学生が、医療・環境・化学・ナノテクなど様々な技術分野の発明提案を企業へ行い、多くの実績を上げている「発明塾」。
その方法論を習得できるようにした教材が、「e発明塾」です。

本説明会は、
「e発明塾を活用し、新たな研究開発テーマ等を創出する手法」
について、成功事例をふまえ、
✔ ご説明/ご紹介を行う
✔ 手法の一部をご体験いただく
場です。

※ 本説明会は、「e発明塾」および、「e発明塾を利用した開発テーマ創出」の社内導入を検討される方のための、説明会になっております。
  「開発テーマ創出法を学ぶ」目的でのご参加は、ご遠慮ください。

概要

 

「e発明塾」で、

開発テーマの種になるアイデアを

効率的に創出できる「仕組み」

を構築しませんか?

 

 

 

 

 

● 開発テーマ企画をご担当の皆様、こんなことにお困りではありませんか

 

 例えばこのような悩みを、よくお伺いします。

 

 

 ✔ 開発テーマの種になる”有望なアイデア” と “やる/やれる人材” が不足している

 

 ✔ これまでもいろいろ試したが、結局どれも定着しない

 

 ✔ 開発テーマを企画する際に必要な「特許情報分析/特許戦略の考え方」について知見が不足している

 

 ✔ 「自社の強み」を生かしたテーマを創出する必要があると痛感した

 

 

 

 
 
 
 
 

● 開発テーマの種になる ”よいアイデア” が出てこない原因は?
   陥りがちな
「4つの落とし穴」

 

 大学生向け「発明塾」での指導実績、および、企業内「発明塾」での経験から、

 開発テーマの種になるアイデアを創出する/集める際に、「陥りがちな4つの落とし穴」があることがわかっています。

 

 

 


 

 

 

 

 

上記は、知財・発明eラーニング教材「e発明塾」を活用することにより、回避できます。

 
 
 
 
 

● 「e発明塾」ってそもそも何?

 

 e発明塾とは?

 

 「発明塾」のノウハウを、誰でも習得できるようにした教材です。

 

 

 発明塾とは?

 

  ✔ 「未来をつくる」大学生が、「発明と知財」を学び実践する場として発足

  ✔ 弊社が新規事業開発や数百件の発明創出で培った「発明/開発テーマの種になるアイデア創出の方法論」を、塾生に指導

  ✔ 指導を受けた塾生(大学生)が、発明/開発テーマの種になるアイデアを国内外の企業に多数提案

  ✔ 6年間に渡り、数々の発明を採択いただき、実績を積み重ねてきた

  ✔ 大学生向けの指導内容の一部は、企業内「発明塾」として実践し、アイデア創出/指導の方法論を企業へ提供中

 

 

 有望なアイデアを創出できるようになる「3つのポイント」

 

 「発明塾」での指導により ”よいアイデア” を創出できるようになる理由には、例えば以下があります。

 

  ✔ 「アウトプット」を徹底し、「お勉強」化と「机上の空論」化を防ぐ仕組みの存在

  ✔ 日々の実践で磨きぬかれ ”常に進化し続けている” 発想法/「知財的再発明」法と、習熟のための方法論の存在

  ✔ 定期的な実践の場を通じた「継続的トレーニング」による、発明力/知財力/情報分析力/企画立案力/意思決定力習得の徹底

 

 

 

 発明塾の「指導と学び」の仕組みを再現し、発明を創出しながら、

 必要なスキルを誰でも習得できるようにしたものが「e発明塾

 

 

 

 

 

 

● 開発テーマの企画に関わるスキルを習得する、講座ラインアップ

 

 それぞれ、望なアイデアを創出し、開発テーマを企画するために必要な5つのスキルを、
 実践を通じ身につけながら「結果を出す」ための仕組みです。

 

 

 

 

 

 ✔ コア技術の強みを生かし、「勝てる」開発テーマにつながる "筋の良い” アイデアを集中的に創出する

  「課題解決思考(1)」講座

  

 

 

 

 

 ✔ 既存の製品/先行特許をベンチマークし、技術進化を先読みし、「突破発明」を創出する

  「課題解決思考(2)」講座

 

  

 

 

 

 ✔ 特許情報分析を徹底活用し、「自社の強み/コア技術を生かした」開発テーマを探索し、「売れる・勝てる・儲かる」企画提案に仕上げる 

  「開発テーマ企画・立案における特許情報分析の活用」講座

 

 

 ✔ 他社への影響力を拡大し、それを武器に「独占と普及による高収益」を実現できるよう「知財的再発明」を繰り返し、アイデアを鍛えあげる

 

  

 ✔ 「発明の本質をズバリ把握し、発明提案書に落とし込みながら「発明を詰め/練り上げ」れば、それは「研究開発企画書」になる

  「発明提案書のための発明の把握法」講座

 

 

 
   「e発明塾」には、発明創出と特許/知的財産に関する知識・スキルを学習する講座が全13講座あります。
 
 ※ 全講座一覧は、をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

● e発明塾を用いたアイデア創出の3ステップ」

 

 e発明塾を用いて、開発テーマの種になるアイデアをどう創出する
 以下の3ステップで行います

  

  ① e発明塾の受講
    ※ e発明塾の教材構成については、コチラをご覧ください。

  

 

  ② 「ダントツワークシート」の記入/回収
    ※ ダントツワークシートについての詳細は、コチラをご覧ください。

  

  ③ 回収したダントツワークシートに基づいて集合討議

 
 


 

 

 

 ① まずは、「WEBテキスト」と「ダントツ発明力指南」で、
アイデアの創出法を学習/方法論に習熟します。

 

 

 ② その後、ダントツワークシートにアイデアを記入します。
ダントツワークシートは「思考が進む問い」からなるため、質の高いアイデアが得られます。

 

 

 ③ ワークシートを基に集合討議をすることで、開発テーマの種になるアイデアを考えます
参加者全員で「e発明塾」を受講していれば、アイデアを創出するための「共通言語」ができ、効率的に討議を進められます。

 

 

 

 

 

 

「e発明塾」で、

開発テーマの種になるアイデアを

効率的に創出できる「仕組み」

を構築しませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「本当に、できるの?」

 

 

 

 

 この機会に、ぜひ一度「説明会」へご参加ください。

 

 

 

 

● 説明会では何が分かるの?

 

 説明会は、以下の順で進みます。
 

  ① 発明塾・社内発明塾の実績をご紹介

  

  ② e発明塾の活用方法、活用事例のご説明

 

  ③ ダントツワークシートへの記入/集合討議の体験

  

  ④ e発明塾各講座の閲覧

 

 

 

✔ e発明塾に関する詳細は

 

東京会場へのアクセス

 

 

 

 

 

 

 

 

▶ 「e発明塾通信」にて、関連情報をお知らせ中!

▶ 「e発明塾」Topページ

※ 同業者の方のご参加はご遠慮ください。弊社教材の販売代理/紹介販売にご興味をお持ちの方は こちら よりお問い合わせ下さい。
   (同業者とは、セミナー会社の方/セミナー講師業をされている方/e-ラーニング教材の開発に携わる方、などを指します) 

 
 
開催日時 2016年5月18日(水)
14時00分~16時30分 (13時30分開場)
申込期間 2016年5月13日(金)まで
会場 m-School
東京都千代田区三崎町1-3-12 水道橋ビル8階
定員 6名:お早目にお申し込みください
(定員になり次第締め切らせていただきます)
受講料 無料
お問い合わせ先 TechnoProducer株式会社 e発明塾事務局
E-mail:e-hatsumeijuku@techno-producer.com
注意事項 ※一社から複数名がご参加の場合、定員の都合上、ご参加人数の調整をお願いする場合がございます。
あらかじめご了承ください。
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
PAGETOP